cosset

記事一覧(16)

シートバッグ

シートバッグ市販のシートバッグはどんどんと小型化し、そこに入れる道具も軽量小型化しています。コゼバッグではそんな進化するバッグとは反対に、”いざという時たくさん入るシートバッグ”を作りました。もちろんパンク修理キットと簡易工具だけが入った状態でもサイドのハーネスを絞ればシートバッグはコンパクトにまとまり、レインジャケットやうっかりの拾い物、無人販売で買ってしまったお野菜やライド時のおにぎりセットなどはパッキングを工夫すれば見た目以上に入るシートバッグです。舶来物にあるようなゴツくていかにも”旅をします”的な大型シートバッグではなく、普段のライドにプラスアルファ入る生活に馴染みやすい大きさで、かつシートポストの出ないサイズの方でもタイヤに擦ることなく取り付けができるシートバッグを目指しました。サイクリングでもポタリングでもちょっと街乗りでも、車種やスタイルに関係なく馴染むデザイン、大きさに仕上がっています。重心が高くなりすぎず、サドルが振られることも少ないサドルバッグです。*サドル下部のレールとタイヤのクリアランスが20cm以下の場合はタイヤと干渉する恐れがあります。サイズ   幅9.5cm マチ14cm  高29cm(ロールを巻いた状態)金額   14040円(税込)シートバッグがあってよかった、という具体例はこちらのコゼログをどうぞ。(さらにもう一つ試作時にあってよかったと思った場面はこちら)

ハンドルバッグ

ハンドルバッグ日常のちょっとしたものを入れられるハンドルバッグを作りました。ハンドルにかけてもバタつかず、中身が少ない時でもたくさんの時でも安心して使える大きさです。小さく見えるけれどたくさん入る、たくさん入るけれどコンパクトに収まるよう工夫したパターンのハンドルバッグです。サドルバッグに入れた工具類とは別に、カメラやお財布など頻繁に出し入れするものを入れておくと便利です。山でも街でも、サイクリングでも普段使いでも使える便利なアイテムです。パターンを工夫したことにより、入れた荷物が前方向にダレることもありません。バッグ背面には背板が入っているためヘッド周りがもたつきません。フロントポケットにはライド中に出たゴミなど小さなものを入れておくのに便利です。取り付けは簡単。バッグ背中のポケットに隠されたDカンをマジックテープでハンドルに留めるだけ。自転車を離れる際にはそのDカンにショルダーベルトを取り付けてポーチとして使うこともできます。バッグのロール部分を止めるストラップが長めなのでパッキング次第では写真に写る荷物の他にも薄手のレインジャケットやタイヤチューブなどを積載することもできます。ハンドルバッグがあってよかった、という具体例はこちらのコゼログをどうぞ。ケーブルの取り回しやブレーキの形状、ヘッドチューブやステムの長さ、ハンドルからブレーキまでの距離によっては取り付けが難しかったり安定せずハンドリングに支障が出る場合がありますので、ご注意ください。サイズ  幅19cm    マチ8cm    高さ13cm(ロールを巻いた状態)価格  8640円(税込)*ショルダーベルトは別売りです。ご注意ください。

フレームバッグ

フレームバッグロードバイクやマウンテンバイクで出かけるとき、少し肌寒い日や、雨が降りそうなときの為に着るジャケットや、携帯ポンプ、工具、スペアチューブ、バナナなどのかさばる補給食、これらをジャージのポケットに入れたり、大きさを持て余すデイパックに入れて、ロングライドに出かけたとき、背中に重さを感じて走ることに集中できなかったことはないでしょうか?フレームバッグは、オーダーメイドにて作成することにより、自転車の前三角のデッドスペースを有効活用することができる自転車に取り付けるバッグです。 素材は、コーデュラポリエステルや帆布など、ストックの中から適した素材の範囲内で選んで頂けます。自転車のフレームサイズと、希望されるバッグのカタチによって容量が異なりますが,標準的なサイズのフルサイズのフレームバッグで、ワインのビンを入れるて走ることも可能です。重めのU字ロックを入れても問題ありませんので、街中での使用でも便利に使えるはずです。オーダーする際は自転車をお持ちください。また、自転車を持ってくることが難しい場合はご予約の際にお伝えください。フレームバッグをオーダーするために必要なフレームの採寸手順や大事なポイントをお知らせします。自転車にぴったりのフレームバッグはスムースなペダリングに繋がります。¥16200~フレームバッグはアトリエ・展示受注会でのオーダーになります。

バックパックフラップタイプ

コロンとした形が特徴のバックパックフラップタイプ。ボディ部分はバックパックロールタイプのMサイズと同じです。大きな蓋で覆うことで雨や雪から中の荷物を守ることができ、ロールタイプに比べ荷物へのアクセスがしやすいのが特徴です。アウター素材はコーデュラか帆布を選ぶことができ、インナー生地のターポリン、ポケット、トリム、ベルト、と今までのコゼバッグと同じ構成で作られています。サイズはワンサイズのみですが、ヘルメットとレインジャケットがすっぽり入る大きさですので、ライド後の着替えを入れて走るのにもってこいです。また普段使いにもぴったりでA4サイズのファイルやラップトップが入るインナーには書類を入れるポケットと小物が入るポケットがついています。アウターのサイドポケットにはボトルや長モノを入れることもできます。フロントポケットの中に3箇所延長ストラップが隠されていますので、荷物がオーバーサイズになった時に役立ちます。延長ストラップを使用しないときはアウターポケット口までフラップで覆われます。バッグの底に向かってマチは狭くなり、サドルから降りる際に引っかかりにくいようにとデザインしました。高さ:43cm 幅:28cm ¥35640~この商品はOrderになります。