About

コゼバッグのはじまり

コゼバッグはCossetというあだ名を持った女子が作るバッグです。Cossetは2001年より6年間京都でメッセンジャーをしていました。その後、2009年に東京谷中にてアトリエを構え、メッセンジャーバッグを始めとしたサイクリンググッズを作り始めます。Cossetの作る BagsなのでCosset-Bags、コゼバッグと読みます。

 ハンドメイドのメッセンジャーバッグというとプロ仕様でハードな作りのイメージでしょうが、コゼバッグの作るバッグはプロ仕様でありながら一般ユーザーでも使いやすい重さや仕様、素材にこだわっています。それは、 Cossetがバッグの使い手だったメッセンジャーを経験し、ハードさから何を除けば一般の自転車乗りに適した仕様になるかを追求し、そして”いかにも”なデザインからあっさりと日常に馴染む見た目を追求した結果です。プロ仕様でありながらより一般向けに作り始めたのがコゼバッグのはじまりです。

 そして、2010年に京都へ拠点を移したことで街乗りの世界から京都の街をぐるりと囲む山へ自転車の興味を移し、ロードバイクにマウンテンバイクにと日々自転車に跨って山野を駆けることで多様な自転車乗りに向けて、しかし自転車だけではない場面、日常にそっと寄り添う物作りを目指すバッグ屋として現在に至ります。

 市販される量産品にはできないこと、ハンドメイドだからこそできることを日々追求しています。

コゼバッグのこだわり

 コゼバッグのバッグはアウター素材に使用する素材選びから始まり、その色、インナーの色、糸の色などを選びます。組み合わせは数え切れないほどです。さらに個別のカスタムを加えるとオーダーするバッグは唯一無二のものになります。カラーオーダーに別料金をいただいていないコゼバッグ。オーダーするワクワクを楽しんでいただくために、コゼバッグのオーダーは基本的に対面販売のみで通販はしていません。それは、作り手の一方的なものづくりではなく、使う側と顔を合わせ一緒にいいものを作る過程の中で新たな出会いや発見があると信じているからです。便利な時代に逆行していますが、そんな時代だからこそあえてかける”一手間”に価値があるのではないかと考え、一つのバッグが出来上がるまでの過程も楽しんでもらえたらと思っています。

自己紹介

1980年愛知県生まれ

1999年大学進学のために京都へ。トライアスロンをはじめる。

2001年大学在学中より京都メッセンジャーKAZEに入社。

2009年東京谷中の古美術屋の2階を間借りしてコゼバッグを開始。

2010年京都へ移転

現在自宅内にアトリエを構え、夫 子 犬と暮らす。